船木俊介「ディープビジネスフロンティア」

船木俊介 (スーパーソフトウエア東京オフィス代表&キッズラインCTO)

category

マネジメント

今週は月曜朝イチから埼玉に移動して打ち合わせ、恵比寿に戻り面接、六本木でミーティングをして、また恵比寿で面接、そのあと開発やディレクション、プログラミングの社員教育。 火曜は面接2件して、ちょっとしたプロトタイプのアプリを開発、健康診断がヤバい結果

新しく入社する社員も多いので技術的な基本研修をやったりしてますが、人にものを教える先生というのはちょっと楽しい。どうだこれは分かるか、こんなのだったらどうだ、この問題は解けるか、という感じでSレベルが問われる気がする。まあ、気がするだけで合ってるかどうかは

バリューのある仕事をするには、解の質を高める必要がある。そのために、イシュー度、つまり課題の質を問わねばならない。 何年か前に読んだ、「イシューからはじめよ(ヤフーCOO室室長 安宅和人)」という本がオフィスの本棚にあって、結構いい本だったよなと思いなが

今日は朝から予定がぎっしり。午前中は求人記事の取材。うちの凄腕人事のY巻さんが、上手くアレンジしてくれてさすが。いい記事になりそうです。 いままで会社で起こった色んなエピソードを話してたら、4次元的に盛り上がった。エンジニアを空間的に再構築する話をしたかな

エンジニアのキャリアパスエンジニアは30歳になると転機を迎えて、どういうキャリアを歩むべきなのか不安になる、とよく言われる。ワンステップ上がってマネージャになるのか、今まで通り現場でプログラミングを行うのか。企業の体制がその2択になってるのがそもそも不幸

↑このページのトップヘ