舩木俊介「かつて未来とよばれたソサエティ」

スーパーソフトウエア東京オフィス代表&キッズラインCTO

category

テクノロジー

前回からの続き 5.railsアプリケーションのデプロイ準備 Unicornでアプリケーション起動 ローカル開発環境のrailsアプリケーションに戻り、unicornを使えるようにします。 gem 'unicorn' gem 'therubyracer', platforms: :ruby $ bundle install config/unicorn.rb

前回からの続き 4.AWS EC2サーバの構築 サーバはruby,rails,MySQLの環境構築はもちろん、nginxをリバースプロキシとして使用するのでその設定を行います。 まずは新規にEC2を作っていきます。AWSの管理コーソールからEC2を選び、「Launch Instance」、サーバは「Amazon Li

前回からの続き 2.GitHubプライベートリポジトリの作成 Werckerと連携するGitHubのプライベートリポジトリを用意しておきます。WerckerはGitHubとBitbucketに対応しているので、プライベートリポジトリも無料で使えるBitbucketでもOK。リモートにpushします。 $ git remot

カラーズではWebサービスの開発を行っていて、スーパーソフトウエアでは業務系や公共系のシステムから、Webサービス、スマートフォンアプリといったアジャイルなものまで幅広く行っています。  同じシステム業界といっても、業務系とWeb系では別の業界といっていいくらい重

↑このページのトップヘ